ミディアムロースト 【希少】コスタリカM  サンタテレサ ラ・オンデューラ100g

103933759
103933759 103933759

 

ゲイシャ種を彷彿させる希少な品種『エチオピア種』が入荷!!!

少量入荷ですのでお早めに。

こちらの商品は 100g となりますのでご注意ください。

【20%増量対象外商品】・・こちらの商品は増量になりませんのでご了承ください。

農園主のロヘルのコーヒー生産とのかかわりは13歳の時(1976年)、父がSanPabloに所有していた牧草地にコーヒーを植えたことに始まる。18歳の時には父からそのコーヒー農地を受け継いだ。その農地は現在も所有しコーヒー生産を続けている。
アメリカでウェイターとして働くことで土地購入の資金をため、帰国後は1990-1995年にかけて少しずつ土地を買い足していき、コーヒーの生産量も徐々に増えていった。
その後2000年のコーヒー危機に直面し、コスタリカも例外なく甚大な影響を被った。ロヘルも大打撃を受けたもののなんとか乗り越え生産を続けていた。しかしながら、経営は停滞し行き詰まりつつあった。そんな中、2010年頃にマイクロミルを設立し成功を収めている生産者の噂を聞き、自分もそこに参入しようと決意した。
2010年にサンタテレサのカトゥアイが植えられている部分を購入(元々一族所有の土地で親戚が相続していた)。2014年ミルを設立し、記念すべきロヘルが自分の手で初めて精製まで行ったコーヒーが生産された(14-15クロップ)。
乾燥設備の充実も進めており、品質・量ともにこれから成長していくであろう将来性が期待できる生産者です。

エチオピア品種2052 (1) DSCF34502012 (1)

※エチオピア品種
1960年代にCatieに持ち込まれた品種。目的は遺伝的多様性保全のため
・1968年FAO(国連食糧農業機関)の使節団がエチオピアから
・1678年ORSTOM(仏国海外領土科学技術局)がエチオピアから
・1989年IPGRI(国際植物遺伝研究所)がイエメンから
オンデューラ農地にはロヘルの前の所有者でロヘルの友人でもあるマルコス・マッタ氏が10年以上前に植えた。より品質の良いコーヒーを栽培したいと思いCatieから取り寄せて植えたとのこと。

マイクロミル:サンタテレサ Micro Beneficio Santa Teresa
農地:ラ・オンデューラ Finca La Hondura
所有:ロヘル・ウマーニャ
所在:サン・ホセ州レオンコルテス市サンパブロ SanPablo de LeonCortes
標高:1,800-1,900m

収穫:手収穫
精製:ホワイトハニー
乾燥:パティオで1日プレ乾燥、テント内のベッドにて8-10日間天日乾燥。山の頂上付近にミルがあるため風が吹き抜ける、天然のスロードライング。

最もやわらかい

珈琲豆の購入総量800g以上で送料が無料となります。

(103933759)

在庫有り

オプションを指定してください。
豆or粉の選択

¥2,700(税込)

数量

pagetop